■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 最新50   8/1000(kb)
レイブンズナイト第563回放送【773/8】
2 名前:F・マナ  :2020/03/04 14:59 ID:9hakrv7M
季節のイベントと言いますと、私の場合はアイルランドの独立記念日とも言われ、故国アイルランドの礎を築いた聖人パトリックの命日である3月17日にセント・パトリック・デイが1番の季節のイベントだと言えるのではないかと思います。
現在の所国籍を有し、産まれてから3年間暮らした故国アイルランドは12世紀のボイン川の大敗以降約750年間イングランド(現ブリテン)に支配され、徹底的にローマン・カトリックの宗教弾圧やケール語文化や言語の徹底的破壊を受けると言う白人が白人に支配される稀有な国や植民地として長らく歴史を過ごして来ました。
ブリテン支配以降はジャガイモ飢饉によるアメリカ移民、イースター蜂起によって湧き上がった独立奪還への道程、ケール文化の破壊と再創生を繰り返し1949年ようやく独立の道を歩み、ユーロの1国として端の方に居ると言う苦難の歴史を辿って来ました。
この3月17日はそんなアイルランドの苦難の歴史と独立の喜び、セントパトリックがガレー船の漕ぎ手と言う奴隷から神に出会い、宣教者となりてアイルランドへ帰還した事を祝う大切な日だったりします。
大学生以前は頃はこの時に短期帰国し、それこそ全身緑と白の格好(解り易く言うと緑の羽根つきブルトン+緑のペチコート+焦げ茶色のリボンシューズ)で昼間はハープ(アイルランドの代表的楽器であり軍の紋章)を弾き<昇り来る月>や即興ソング<霧煙の大地><緑の小道を行く><緑月が昇る><ゲール達の帰還>と言う澄んだ歌を歌い、夜はギターで<出てこい英軍の連中よ!>や即興ソング<チャーチルは大地に沈む><16ポンドの愚か者達><翻るゲール旗><白鳥は死して駒鳥が笑う>と言った物を歌っている事が多い為、この日が1番伝統的に大きなイベントだったりします。
因みに乗船している商用大型クリッパーが<アイリッシュ・コーズ・ウェイ>と言う名前なのですが、これはアイルランドの自然世界遺産で、巨人が来た道とされるジャイアンツ・コーズ・ウェイから採った物で、アイルランドの歴史の中で膝を屈し長く苦しかった歴史を忘れない様にする為に「アイルランドが来た道」と言う意味を込めてアイリッシュ・コーズ・ウェイと言う物を長らく使用しており、私が書きましたと言う署名の時に名前とこの言葉を添えて使用していたりします。
即興歌の中にも<アイリッシュ・コーズ・ウェイ 忘れぬ故国>と言う物があったりします。

追伸
木の葉と言うお菓子は局地的過ぎるので画像が無い為参考までに挙げておきたいと思います。

(参照1:http://up-img.net/img.php?mode=jpg&id=3971
(参照2:http://up-img.net/img.php?mode=jpg&id=3972
(参照3:http://up-img.net/img.php?mode=jpg&id=3973
(参照4:http://up-img.net/img.php?mode=jpg&id=3974
8/1000(kb)

■掲示板に戻る■ 検索 全部 前100 次100 1- 最新50   新着レス    
名前:   メール:  
メッセージ:
URL:
HRR と入力:
sage stay 等幅 パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 2.00 -